シングルオリジン

パナマ ゲイシャ「カジェホン農園」ナチュラル 中煎り 100g

特別企画 とっておきの一杯に、とっておきの「パナマ ゲイシャ」をどうぞ。

 

 「ゲイシャ」はコーヒーの品種です。エチオピアの町の名前に由来しています。

 コスタリカ経由でパナマへ伝わったと考えられています。

 ゲイシャ種は、1本の木から収獲できる量が極めて少なく、栽培も難しいことから、あまり

扱われていませんでした。

 2004年、パナマの国際品評会で出品された「ゲイシャ」が、当時の史上最高価格を記録。

世界中の注目を集めることになりました。

 以降、パナマ以外の国でも栽培されるようになり、最近は日本国内でもよく見かけられるように

なりました。ゲイシャ自体は、さほど珍しくはなくなってきています。

 ゲイシャは、生産性の低さから、どうしても高価格になりがちですが、その価格に見合った

香味を持つものはそう多くありません。

 

 今回販売の「ゲイシャ カジェホン農園」は、当店が自信を持ってお届する、特別の

逸品です。「ゲイシャ」の香味の素晴らしさを堪能していただけます。

 その特徴を活かすため、中煎りでのご提供になります。

 

 完熟した果物のような華やかな甘味。いちご、ピーチ、白ブドウほか、様々な酸味と

 甘味があります。粉の時点で、熟れたトロピカルフルーツのような香り。口に含むと、

 ブランデーを垂らしたかのような芳醇な香りが鼻に抜けます。そして、複雑な、いろ

 いろな熟れた果物の香味が次々と現れます。口あたりのなめらかさとともに、温度が

 下がってくると、赤ワインのような、成熟した果実感が楽しめます。

 

  なお、ハンドドリップなどで淹れる際は、沸騰したてよりも少し温度が下がった状態(82℃程度が

 お勧め)で、淹れ始めていただくと、なお香味が引き立ちます

 

今回の、パナマ ゲイシャ「カジェホン農園」は、少量入荷の特別企画。

1個が100g入になります。

 

 

シングルオリジン情報

         

    農園名 カジェホン農園

        所在   パナマ チリキ県 ブカバ市 セロ・ブンタ地区

    農園主 アンテ・フィストニッチ氏
      標高  1,820m~2,110m

      品種    ゲイシャ

      精製    ナチュラル、天日乾燥

        

 

         4,400円以上(税込)のお買い上げで送料無料

 

パナマ ゲイシャ「カジェホン農園」ナチュラル 中煎り 100g

「豆のまま」か「粉に挽く」かをお選びいただき、

「カートに追加」ボタンを押して下さい。

¥2,400
カートに追加
  • 販売中
  • 配送期間 1~3営業日

                      「ネットショップのトップページ」にもどる

店舗の営業時間 11:00-19:00

(喫茶のラストオーダー18:30)

営業日カレンダー

2018年8月

日   月  火  水  木 金 
      

 

 1 

  2

 3

 4

  5

  6

 7  8   9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
   
定休日 火曜日、第3水曜
夏季休業8/14(火)~8/17(金)
  
8/26(日)
コーヒー教室開催のため、
喫茶は午後2時より。
コーヒー豆販売は通常営業。

2018年9月

 日  月  火  水  木  金
      

 

  

 

 

 1

  2

  3

  4   5   6   7  8
 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
   
定休日 火曜日、第3水曜(9/18)
  
9/22(土)
コーヒー教室開催のため、
喫茶は午後2時より。
コーヒー豆販売は通常営業。
店頭でお配りしているチラシ(月刊)
店頭でお配りしているチラシ(月刊)